本文へ移動

JRコンテナとは?

JR貨物の鉄道コンテナ輸送

JRが貨物を輸送するのに、コンテナを使用しています。
このコンテナはJRが独自に開発した12フィートのサイズになります。
動画にあるように、コンテナだけを運ぶ専用車両で、一般の旅客駅とは異なり「貨物駅」という場所でコンテナの積み降ろしを行っています。東京の場合、東京貨物ターミナル駅(大井の新幹線車両基地に隣接)になります。
そして、貨物駅から大型トラックで陸送されるコンテナとコンテナはそのままでコンテナ内の商品だけを搬出されるパターンがあります。
トラックに載せられたコンテナはお客様の指定する貨物ターミナルへ運ばれ、そこでさらに仕分けされて消費者へ届けられます。
JR貨物にて使用されているコンテナのほとんどは、12フィートのサイズになります。
扉の開口部分がワイドで、側面側に間口3,000mmの観音開きになり保管商品の搬出入やコンテナ内の整理整頓が手軽にできますので、人気の高いコンテナです。さらに、もう一方の側面側も同じように観音開きの開口タイプ(側側開き)と連結側の扉が開くタイプ(L字開き)があり、使い勝手の幅が広がります。
また、12フィートコンテナは10㎡以内になりますので、地域によって異なりますが、「建築確認申請」が不要な場合が多いので、面倒な手続きいらずなコンテナです。
 
そして、12フィートコンテナは改造しやすく、コンテナ同士の連結も比較的容易にできますので、使い勝手に合わせた改造を行うことで、コストパフォーマンスの優れたコンテナと言えます。
さらに、保冷タイプのコンテナもあり、常温保管では「ちょっと心配だな!」というような商品を保管することもできます。

① JR貨物コンテナの正面と側面の扉が開閉します! L字開閉タイプです!

正面と側面の扉が大きく開閉しますので、商品搬出入の動線と屋外スペースを考慮してタイプを選択!
あなたのアイデアでスペースを効率よく活用してください!

② JR貨物コンテナの両側面の扉が開閉します! 側側(がわがわ)開閉です!

両側面の扉が大きく開閉しますので、商品搬出入の動線と屋外スペースを考慮してタイプを選択!
あなたのアイデアでスペースを効率よく活用してください!

③ JR貨物コンテナの保冷タイプの現状品です!扉は側側(がわがわ)開閉です!

保冷タイプですので、コンテナの壁には断熱材が埋め込まれています。
保冷タイプですので、冷蔵・冷凍タイプとは異なります。扉は側側(がわがわ)開閉タイプです!

④ JR貨物コンテナ リーファー(冷凍)タイプです! L字開きです!

庫内を冷凍させる機能がついています。
一般的にマイナス25℃からプラス25℃までの温度調節が可能です!
扉は正面と側面がL字型に開くタイプになります。
JR貨物のコンテナは、4種類になります。
 ①ドライ L字開き
 ②ドライ 側側開き
 ③保冷  側側開き
 ④冷凍・冷蔵 L字開き

 
 
どんなことでも、
お問い合わせくださいませ‼
 
コンテナ担当
 青木允那 (あおき のぶやす)
 お気軽にお問い合わせください
TEL 0120-039-634
メールでのお問い合わせはこちら
TOPへ戻る